彼氏の携帯を見たいあなたに教える3つの警告

keitai-top

こんにちわ!あったん先生です。

いきなりですが、みなさんは彼氏の携帯を見たことはありますか?

パンドラの箱こと、彼氏の携帯。

見てはいけない、でも見たい…

そんなとき、彼氏が無防備に携帯を放置していたら…
パスコードを知っていたら…

自分の良心と戦いながらも、結局手を伸ばしてしまったことがあるという方は多いのではないでしょうか?

なにを知りたくて見る?

そもそも「彼氏の携帯を見たい」という欲求は、なにが発端なのでしょうか。

  • 他の女の子に連絡と取ってないか?
  • 彼の友達に自分のことを話しているのか?
  • 写真フォルダに怪しい写真や元カノの写真が残ってないか? etc…

並べればキリがないですが、わたしが思うに全ては

——「自分はきちんと愛されてるのか?」

この証拠を確認するために、携帯を見るという行為を起こしてしまうのではないかな、と思うのです。

しかしながら、結末はいつもいいことばかりではありません。
パンドラの箱というのは「開けてはいけない箱」なのです。

浦島太郎でいう「玉手箱」。

あぁでもなぜでしょう、そう思うほど見てしまいたくなるのが人間。

そこで今日は、そんなパンドラの箱こと彼氏の携帯を見ようとしているあなた、そして見てしまったあなたへ、3つの警告をお話しします。

1.あなたは必ず傷つきます

言い切らさせていただきます。

彼氏の携帯を見たらあなたは必ず傷つきます。

どんな人間も、携帯はまさにプライベートの塊です。
人に携帯をこっそり見られる前提で使っている人間などほとんどいないと思います。

そこにはあなたの知らない彼氏の姿があるのです。

仕事のときの彼。

友達と接しているときの彼。

そしてあなた以外の女性と話しているときの彼。

なぜ女性と連絡を取っている前提かというと、そもそも携帯を見てみたいと思うきっかけのほとんどが「女と連絡を取っているんじゃないか?」と疑心暗鬼さから来るものだからです。

根拠はなくとも女のそういった勘は大概当たるものです。
だから携帯を見た時点でそういった女性の痕跡がなにかしらあると思っていた方がいいし、それを見たときのあなたはどんな覚悟を決めていたとしても傷つきます。

もし女性の痕跡がなかったとしても、きっとあなたの知らない彼の一面をどこかに見つけた時あなたは思うはずです、「私は彼のことを知ったつもりでいたのではないか」と。

その時にあなたがどんな気持ちになるのか、、想像してみてはどうでしょうか。

2.必ず罪悪感と自己嫌悪に襲われます

これは彼氏の携帯を調査した結果、シロだったとしてもクロだったとしても言えることなのですが、あなたは必ず罪悪感に襲われます。

例えばあなたの抱く疑いが見事的中し、彼がクロだった場合。

「なぜこんなことをしてしまったんだろう」

「自分は事実を知ってどうしたかったのだろう」

こんな思いに襲われることでしょう。

そんな思いを抱きながら、あなたはまた彼氏と会えますか?優しくできますか?

知らぬが仏、という言葉の大切さをこの時ほど感じることはないでしょう。

もう一つ。あなたの抱いていた疑いがただの思い違いでシロだったとき。

「どうして疑ってしまったんだろう」

「携帯を見たことがバレたらどうしよう」

こんな思いと不安に襲われるはずです。

彼を疑った自分に嫌悪し、そして自身を責めることになるのです。

自分で自分を消耗するのはもうやめませんか?

3.必ずもう一度見たくなります

これは今回の3つの警告のなかで間違いなく断言出来ることです。

あなたはまた必ず彼氏の携帯を見ます。

日を置いて、必ずまた見てしまうことでしょう。

そして先述した[1]と[2]の工程を繰り返すのです。

しかも彼氏がクロの場合、あなたが女性の痕跡を掴めばつかむほど、やがてそれをぶちまけたくなるのです。

「わたしはここまで知ってるぞ、騙せていると思ったら大間違いだぞ」というプライド。

そうなった場合、あなたと彼氏の関係性はもう修復不可能。

どうぞ崩壊へとお歩み下さい、という感じです。

何をしていても許せる寛大な心がある人は、そもそも携帯など見ませんからね…

そして彼氏がシロであった場合。

これが厄介で、まずは今後クロとなる可能性があること、それによりあなたは携帯を見ることがやめられなくなります。

相手の粗探し、とでも言うのでしょうか…

——怪しいところがあれば突いてやる

そんな卑しい心があなたをどんどん追い詰めます。

「わたしは何をやっているんだろう」

そうなってまでもうまくいったカップルはこの世の中にいるのでしょうか。

さいごに

—彼氏の携帯を見たい

こんなことが全く頭によぎらないような人生が送れればそれが一番いいに決まっています。

しかし一瞬の好奇心、それに躍らされる人間は珍しくはありません。

故にパートナーのみならず、社会的にも信用を失うことのないようにおまけの警告をば。

携帯の盗み見について刑法には明記されていませんが、しかしお咎めなしという訳でもなく、民法の規定によればプライバシーの侵害による損害に対して、被害者は損害賠償請求を起こすことが可能である、という点です。

そんなリスクを踏んでも本当に知りたいことがそこにあるのか・・・・彼氏の携帯に手をつける前にもう一度考えてみては?

そのパンドラの箱の底には希望はないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。